血液の錆が  認知症を招く

諸行無常の 鐘の波動の響きは ヘモグロビンと鉄と磁気 を融合 赤く染め 磁気を高め 脳への血流を良くし 認知症の脳を 若返らせます

血液の磁気を弱め 錆を招く薬の投与は間違っている

毛細血管と赤血球は同じ大きさです。 心臓の鼓動・脈動を高める、映画・テレビ・音楽の音響免疫療法は、 血流を良くし、赤血球と血管との摩擦熱で血液の磁気を高めます。

jintai.jpg
sekkekkyu.jpg

毛細血管と赤血球は同じ大きさです

人間の血液は5kg  血液に含まれる 強磁性鉄イオンは2,700mg 体内には 4,000mg鉄分を含みます

血液は鉄の臭いと味がします。血液は酸素・ブドウ糖を結合、酸化し、 鉄分が錆びます。錆びた血液(赤錆)を、二価鉄(黒鉄)に変えることが大切です。錆びて酸化した血液は、酸素・ブドウ糖を細胞に運ぶ、血液循環機能が低下し、生命力を弱めます。血液の錆びた人間は、超脳力・テレパシーの磁気共鳴作用のない、気力のない低体温の人間になります。  

● 心臓の鼓動を高めるゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法の心臓への響きは、マラソン選手の鼓動を高める運動効   果で、糖尿病・高血圧・肥満で汚れた血液の血流を良くし、血管と血液との摩擦熱でドロドロに汚れた血液を   温めサラサラにし血流を即効的に良くします。

● 心臓の鼓動を高める羊水の響きは、血流を強化。血管との摩擦熱は、血液を温め、血流を良くし血管内皮細   胞を活性化。血管を若返らせます。

● 血液は、強磁性の鉄イオンを含みます。心臓の鼓動を高める響きは血液と血管との摩擦熱で、血液の磁気を   高め、錆びた血液を黒鉄(二価鉄)に変え血液の磁気作用を高めます。

● 心臓の鼓動を高め、血流を強化する映画・テレビ・音楽の脊髄への響きは、血管と血液の摩擦熱で、血管内   皮細胞を活性化、毛細血管を若返らせます。血管年齢の若返りは、腎臓・肝臓・心臓・膵臓などの臓器が活   性化し機能を若返らせます。

● 胃、小腸、大腸を39.2℃に温める羊水の響きは、腸の消化酵素が活性化。消化機能が高まり、腸の有害物や   脂肪と糖分の吸収を抑えます。

釈迦の 諸行無常の鐘の 波動の響きは 頭蓋骨を緩め 認知症の脳を 若返らせます びっくりです!

日本の認知症は 800万人 糖尿病・高血圧で血液を汚す 薬漬けの西洋医学は 多くの認知症患者が発症

nou.jpg

上:アルツハイマーの脳

​下:正常な脳

gaikotu.jpg

「脳への血液の血流不良」 「低体温による血液の冷え」 「脳細胞・脳血液のサビによる磁気作用の劣化」 「腎臓の機能低下による血液の濾過不良」 「心臓の鼓動の衰えによる血流不良」 「頭蓋骨の締まり」が原因。 「シンキングボウルの高音の響きは認知症を治す」

映画・テレビ・音楽・シンキングボウルの響きを身体で聴ける音響チェアに座り、羊水の響きで急所脊髄から心臓に聴かせます。心臓の鼓動と同調する響きは、鼓動を強化、マラソン選手のように運動効果で鼓動を高め、血液の血流を良くします。血液と毛細血管との摩擦熱はドロドロの血液を温め、サラサラにし、錆びた血液の磁気作用を高めます。響きの科学で、脳への血流量を増やし、脳血液・脳細胞を活性化、脳血液の磁気を強化、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用の高まりが認知症を自然に治します。

アメリカの 西洋医学の 薬漬けに 指導された 日本の 将来はない

日本は第二次大戦後、アメリカのロックフェラー財団の指導で、日本人を西洋 医学の薬漬けの教育を行っています。病気になれば、すぐ病院で薬漬けです。 気力のない、無表情の人間になっています。世界の薬の40%は、日本人(1億2 800万人)が消費しています。薬漬けの、日本の狂った西洋医学に将来はない。 ロックフェラーの出すノーベル賞は薬を売るためのものです。受賞は喜べない。

西洋医学では認知症を治せない

認知症は諸行無常の 鐘の波動の響きに学んだ 映画・テレビ・音楽の響きで 治す時代です

日本は高齢者社会  65歳以上 3,514万人  医療費は一人 929,000円  25兆円 税収入は50兆円 高齢者医療で日本は破綻します

認知症は 骨盤をふるわせ頭蓋骨を 緩めると治る

ninti.jpg

・血液を温め、脳への血流を良くし、脳神経・脳細胞・骨芽細胞を活性化します。

・疲れた心臓の鼓動を助け、血液を温め、サラサラにし、  脳への血流を増やし、サビを取り除き、脳細胞・血液の  磁気共鳴作用を高めます。

・腎臓の濾過機能を高め、血液に含まれる尿を浄化、  脳への血液を綺麗にします。

・脊髄・骨盤・頭蓋骨を緩め、脳への締まりを取り除きます。

西洋医学の、糖尿病・高血圧・高脂血症の薬漬けが血液を汚し、臓器の機能が低下、血流が悪くなり、脳血液・脳細胞を劣化させ、多くの認知症患者が生まれた。

ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し元気にすることを私たちは提案します。厚生労働省の発表によれば、2015年75歳以上の高齢者の医療費は一人929,000円、14兆255億円です。65歳以上は3,514万人で25兆5,276億円。日本は高齢者医療で破綻します。日本の医療費は45兆円。税収入は50兆円。日本は医療費で破綻します。 私達が提案するのは、毎日、映画・テレビ・音楽の響きで疲れた心臓を助け、血流を良くし、脳細胞を若返らせ認知症を映像と響きの科学で治す、ゼロ磁場  音響免疫療法です。

老人ホームの 皆様の 大切な お仕事は 認知症を 治すことです

姥捨山伝説を 現実にした 認知症を治さない狂った   日本の 老人ホーム

映像音響ホームシアターに ご家族と一緒に 認知症を治す授業に参加されることをおすすめします

ubasuteyama.jpg

認知症は、自分で自分が病気であることすら忘れます。テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、頭蓋骨を緩めると、言葉・表情の確実な変化がみられます。本人は変化に気がつきませんが、ご家族の皆様は、病状の確実な変化に驚かれます。高齢者の1日の、平均テレビ視聴時間は、約8時間。1日の1/3に相当します。映画・テレビ・音楽を、脊髄から心臓への、羊水の響きで楽しみ、老化した脳細胞を若返らせ、元気にする時代が来たのです。平成24年の内閣府調査では、自宅で人生の最後を迎えたいと希望する人が全体の56%にのぼりました。多くの皆さんの在宅医療の夢を叶えるため、ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し、元気にすることを私たちは提案します。

認知症が治らないのは うそ  元気で最期はコロリと死ぬ ピンコロの夢を実現

母親の体温は36℃の体温です。年を重ね60歳の細胞の水分は50%に減少、老化した細胞になります。シミ、シワの多い老人の肌になります。羊水の響きは、60兆個の体内細胞を水分80%の赤ちゃん細胞に若返らせます。羊水の響きは、劣化した脳細胞を若返らせ、認知症の脳を自己免疫力で元気にします。細胞は毎日新しい細胞に生まれ変わります。ご自宅で映画・テレビ・音楽を、生命の急所脊髄で楽しみ、認知症・アルツハイマーの脳を若返らせ元気にします。最期は元気でコロリと幸せに死ぬ夢を実現。 

リハビリ・老人ホーム・介護業界の皆さまへ、認知症の脳は若返ります。母親の羊水の響きは「胎児を38℃」に温め、「尿で汚れた羊水」を浄化、「水分80%の細胞」を育てます。母親の羊水の横波の響きと、電子レンジの電磁波は、波紋の横波の仲間だったと気付き私たちは驚きました。お母さんは安全な電子レンジで胎児を育てていたのです。母親の胎児を育てる羊水の響きは、認知症患者の脳細胞・脳血液を若返らせる画期的な方法だったのです。「羊水の響き」を応用した、映画・テレビ・音楽の急所脊髄に響かせる『ゼロ磁場の奇跡』音響免疫療こそが、認知症の脳血液・脳細胞を温め、自分のもつ自己免疫力で、脳細胞を若返らせる西洋医学の薬を超えた、最善の方法だったのです。空気ではなく「羊水の響き」を再現、ペースメーカーのような響きで、心臓をマッサージ、心臓の鼓動、血管の脈動を助け、生命力を蘇らせることがわかってきました。音響ルームには、認知症で悩みを抱える方々が、多く訪れています。医者にかかっても改善しない認知症に苦しみ、藁をもすがる思いで響きを楽しまれる人達を、目の当たりにし、羊水の響きの『ゼロ磁場の奇跡』音響免疫療法を社会に認知して頂き、一人でも多くの認知症患者の脳を若返らせたいと強く感じました。